レーシックという言葉を初めて聞いたのは

###Site Name###

私が自分で目が悪いと気づいたのは、小学校に上がるときにおこなわれた健康診断でした。

検査のあと、目が少し悪いから病院で診てもらってねと言われたのです。


母と二人で眼科に受診すると近眼と診断されました。そして私は小学校1年生からメガネをかけるようになったのです。成長期というのもあって毎年学年が上がるたびに、メガネの度も強くなっていきました。


なので小学校4年生になるころには、裸眼で0.1もないほど近視が進んでいました。
私が中学校に上がると、医師からコンタクトを勧められました。

メガネよりもコンタクトのほうが度の進みが遅いからという理由でした。
そのお陰もあってか高校を卒業するころになると、ようやく視力が落ち着いてきました。

最終的に私は、裸眼で0.01ない状態でした。
なので裸眼で日常生活を過ごすなんて、夢のまた夢でした。

そんな私が初めてレーシックという言葉を聞いたのは、今から約10年ほど前のことです。

テレビで目の悪い芸能人が、実際にレーシック手術をおこなってどれだけ視力が改善するのかというドキュメントが放送されたのです。

その芸能人はレーシック手術の翌日には、もう裸眼で生活をおこなっていました。

私は本当にびっくりし、そして感動しました。

そして早速レーシックについていろいろ調べ始めました。

当時は今みたいにインターネットがあまり身近ではなかったため、私は新聞やテレビや、書籍なのでレーシックについて調べました。
そのとき都心にあるレーシック手術が出来る眼科の記事を見掛けたのです。

私はすぐこの病院に電話しました。

私みたいな強度の近視でもレーシック手術ができるかどうかをしりたかったからです。
私の場合近視がかなり強いので、2種類のレーシック手術をしないと視力が出ないと言われました。
2種類の手術をするので、金額も両眼で100万円はかかるという回答でした。


当時の私には高額だったので、すぐレーシック手術をおこなうことは出来ませんでした。

https://i.4meee.com/articles/view/792999
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1033098805
http://smany.jp/5551

女性の薄毛の治療の情報を利用しない手はないです。

魅力の高い女性脱毛症の治療の珍しい情報をご紹介しています。

渋谷のしわにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

大阪のニキビ治療の情報を公開しているサイトです。

まったく新しい池袋の毛穴情報はこのサイトにおまかせ下さい。